ゴムハンマーが手元にない時の便利な代用品: 簡単な解決策を提案します!

ゴムハンマーが手元にない時の便利な代用品: 簡単な解決策を提案します! 日常の困りごと解決

ゴムハンマーはわりとあると便利ですよね。家具のDIYやキャンプ、日常生活で役に立つことは多いです。

年度の変わり目や新生活の準備で、家を模様替えたり新しい家具を設置したりするとき、ゴムハンマーが必要になることが多くなります。

新居への引っ越しや部屋の模様替えの際にゴムハンマーがない時、代わりになるものや工夫を探したことがあります。そんな時に使える、身近にあるものでゴムハンマーの代用品にできる便利なアイテムをここで紹介します。

ゴムハンマーって

  • 「引っ越しとか、新生活のいざ使いたい時にない」
  • 「わざわざ探すのも時間かかる」
  • 「たまにしか使わない」

新しくゴムハンマーを買うのもありだけど、ちょっと無駄使いな気もするから代用品があると、うれしいですね。

ゴムハンマーが手元にない時の便利な代用品

ゴムハンマーの代わりとして使えるものを1つ1つご紹介していきます。

自分の使おうとしている物に合ってそうなゴムハンマーの代用品を探してみてくださいね。

普通のハンマーを使ったゴムハンマーの代替方法

ゴムハンマーは主に、素材を傷つけずに部品を組み立てるために使われます。

結局、傷をつけないための工夫さえすれば、ゴムハンマー以外の道具でも大丈夫です。

ここでは、そういった代替方法を紹介します。

通常の金属製ハンマーの賢い使い方

通常の金属製ハンマーの賢い使い方

もちろん金づちも代用品として使えます。

通常のハンマーをデリケートな素材に使用する際、家具に傷がつくリスクがあります。

ゴムハンマーの代わりとして使うなら、ハンマーと家具の間に緩衝材を挟むのがポイントです。

緩衝材が柔らかすぎると効果が薄れるので、新聞紙やチラシ、雑誌やフリーペーパー、薄い板が適切です。

【緩衝材として使えるもの】

  • 新聞紙やチラシ
  • 雑誌やフリーペーパー
  • 薄い板など

実際に作業する時には、緩衝材を使うのをおすすめします!

【緩衝材を使うメリット】

・騒音が減る

・物が傷まない

・力を均等に加えることができる

ゴムハンマー代用品と叩く物の間に緩衝材を使うことで、傷を防ぎながらスムーズに作業できます。

特に衝撃に弱いプラスチック部品を直接ハンマーで叩くと割れる恐れがあるため、注意が必要です。

また、物によっては直接叩くと、傷の問題だけでなく、大きな音や衝撃が発生します。

そのため、作業中は耳や手への負担を減らすためにも緩衝材を使用すると良いです。

また家具などの組み立てでは、家具の表面に板を緩衝材として挟むことで均等に力を伝え、作業効率を高めることができます。曲がったり歪んだりせず、非常に効果的な方法です。

木製ハンマーの有効活用方法

木製ハンマーの有効活用方法

もちろん木製ハンマーも代用できます。

通常は樽の蓋を開けるのに使われる木製ハンマーは、木製品やデリケートな素材を扱うのに適しています。

木工作業や石工作業のように、素材を傷つけたくない場合によく使われます。

木製ハンマーは、金槌やゴムハンマーより軽量で、一部の作業では力を入れる必要があります。

木製とはいえ、強く打ちすぎると家具に傷をつける可能性があるので、心配なら緩衝材を使うことを推奨します。

様々なアイテムをゴムハンマーの代用品として使う工夫

ハンマー自体がなくても、別の代用品を使いましょう!

代用品を選ぶ際には、その重さと衝撃に耐えることができる硬さを持っているかがポイントです。

これらの条件を満たすアイテムを家の中で探してみると、いろいろな代用品が見つかるかもしれません。

ここでは、そういったアイテムを活用するための工夫をいくつか紹介します。

ダンベルを活用する

ゴムハンマー代用品 ダンベル

筋トレで使用されるダンベルは、その重さと打撃力が特徴的です。

ただし、扱いにくく落とすと怪我のリスクがあるので、使用する際は慎重に扱う必要があります。

特に、作業中に足に落とした場合、骨折などの重傷を負う恐れがあるので注意が必要です。

スパナやレンチを利用する

ゴムハンマー代用品 スパナやレンチを利用する

ナットやボルトを締める工具であるスパナやレンチは、その重さと安定性によりハンマーの代わりとして使えます。

ペンチを使う

ゴムハンマー代用品 ペンチを使う

ペンチはそれほど重くないですが、打撃力には十分な力を持っています。

よく使われる工具なので、多くの人が持っていることでしょう。

小さくて握りやすいため、女性でも簡単に扱えるのがメリットです。

厚い本で代用する

ゴムハンマー代用品 厚い本で代用する

厚い本は、ハンマーの代わりに使うことができます。ただし、強く叩くと本自体がへこんだり壊れたりする可能性があるので注意が必要です。

本のデメリットは、特に扱いにくさにあります。他の代用品と違い、本は滑りやすく、大きさも持ちにくいです。

片手では使いにくく、両手を使うと家具を支えるのが難しくなることがあります。

それでも、家具がしっかり固定されている場合や、誰かが支えてくれる場合には、本を代用品として使うことができます。

固い木や木材を使う

ゴムハンマー代用品 固い木や木材を使う

たまに固い木や木材が落ちていることがあります。また自宅にある場合もあります。

固い木の場合、ゴムハンマーの代わりに使えます。

注意しておきたいのが、やわらかい木材だと凹んでしまうことがあります。

軽くたたくぐらいであればおおむねどのような木材でも大丈夫ですが、ガンガン釘を打ち付けるような目的での使用は固い木材以外は使えないことが多いです。

石やレンガ、コンクリートブロックを使う

ゴムハンマー代用品 石やレンガ、コンクリートブロックを使う

アウトドアやキャンプで、平らで手ごろな大きさの石はハンマーの代わりになります。

レンガはテントのペグ打ちにも適しており、家の庭やキャンプ場でテントを設営する際に便利です。

実際に私もキャンプでバーベキューをする時にタープを張るためにレンガを使っています。キャンプ用品を探す手間が省けるし、今まで特に不便を感じたことはありません。

地面の硬さは場所によって異なりますが、柔らかい場所を見つければ、ハンマーがなくてもペグを打つことができます。

石の素材は家庭内でも探せば見つかるものです。石製品があれば、利用できます。ただし形の上で壊れやすい物、高価な物は利用すべきではないです。

使用すべきではない代用品

いくつかの代用品は、重さがあっても使うと壊れる恐れがありますので、使わない方が良いでしょう。

テレビやエアコンのリモコンの使用はNG

テレビやエアコンのリモコンは四角くて使いやすそうに見えますが、プラスチック製なので壊れやすいです。

リビングで見つかる丈夫そうなものとして思い浮かぶかもしれませんが、使用は避けた方が良いでしょう。

ゲーム機やコントローラーの使用もNG

ゲーム機やコントローラーなどは、故障すると購入するのに高くつきます。ちょっと叩くぐらいだからと、使ってしまうと見た目は壊れていなくても、使用できなくなるおそれがあるのでおすすめしません。

ガラス製ビンの使用もNG

ガラス製のビンは底が厚いからといって安全だとは限りません。強い衝撃を与えると破裂し、自分や周りの人が怪我をする恐れがあります。

割れる可能性のあるものには衝撃を与えないようにしましょう。

缶詰と電池の使用もNG

缶詰や電池は、衝撃を受けると中身が漏れる危険があります。特に缶詰の液体が新しい家具などを汚すのは避けたいですよね。

電池には有害な化学物質が含まれていて、皮膚に危険を及ぼす可能性があるので、絶対に使用しないでください。

ゴムハンマーの幅広い活用法とその利点

多くの人がゴムハンマーをスチールラックの組み立てに使うと考えがちですが、実はもっと多くの場面で役立つ便利な道具です。

ゴムハンマーの他の用途を知っておけば、購入しても工具箱に眠らせずに済むでしょう。

ここでは、スチールラック以外の場面でのゴムハンマーの便利な使い方を紹介します。

家具組み立てでのゴムハンマーの使用

木製のチェストやスチールラックを組み立てる際に非常に役立ちます。

木製ダボやプラスチック部品の取り付けに使うと、素材を傷つけずに作業を進められます。

ただし、家具によっては薄板が使われている場合もあるので、ゴム製だからといって力を入れすぎることは避けましょう。

フローリングやタイルの設置

フローリングやタイルを敷く際に、隙間なくしっかりと収めるために使用します。

キャンプでの使用

キャンプで、特に芝生のような柔らかい地面でピンペグを打つ時には、ゴムハンマーがとても役立ちます。

ただし、地面が硬かったり、ゴムハンマーが古くなっていると、ペグを打つ際にハンマーが壊れることもあります。

市場には、普通の8オンスのゴムハンマーよりも重い16オンスのゴムハンマーもあります。

この重いタイプは、より強い打撃を可能にし、金槌の代わりにもなります。

本格的なキャンプでは、金属製のペグハンマーがおすすめされることもありますが、公園やキャンプ場でのデイキャンプなど、軽いアウトドアには手頃なゴムハンマーで十分です。

楽器の製造や修理

楽器の組み立てや修理時に、デリケートな部品を優しく叩くのに使われます。

彫刻や工芸

彫刻や工芸の分野でも、石や木などの素材に対して精密な力加減が求められる際に使用されます。

スポーツ用具のメンテナンス

例えばクリケットのバットなど、特定のスポーツ用具のメンテナンスや調整に使われることもあります。

車の氷取りにゴムハンマーを活用

冬に雪国でよくあることですが、車のタイヤハウスに氷が付くことがあります。

これをそのままにしておくと、不快な音がしたり見た目にも悪い影響があります。

しかし、金属製のハンマーで氷を取ろうとすると、車に傷をつけてしまう可能性があります。

そこで、車に傷をつけずに氷を壊して取り除くのに、ゴムハンマーが適しています。

私も冬には毎年、この方法で車の氷を落としています。

ただ、ゴムハンマーを使う時も、車のボディを直接強く叩きすぎないように注意が必要です。

ゴムハンマーを使う際の注意点

通常のハンマーのように釘を打つためにゴムハンマーを使うと、ゴム部分が衝撃に耐え切れず割れてしまう可能性があります。硬いものを打つのには向いていません。

ゴム製だからといっても、ハンマーとしての衝撃を完全に吸収するわけではないので注意が必要です。

家具などを傷つけないようにするためにも、使う前にはハンマーの感触、重さ、使い勝手を確認しましょう。

タオルや布を使うと代用できる物が増える

主に、ゴムハンマーの特徴である「素材を傷つけずに打撃を加えられる」ことです。

家具などを金属製のハンマーや石などの硬い物で叩いてしまうと、壊れるおそれがあります。

その時は、タオルなどの布製品をかませると、ゴムハンマーの代用品でもたたく物を傷つけなくても済みます。

上記では、新聞や板などを緩衝材として使う方法も書きましたが、場合によっては、タオルも使うのも良いですね。

【最後に】ゴムハンマーが手元にない時の便利な代用品

– 金槌に緩衝材を使えば、ゴムハンマーの代わりになります。
– ゴムハンマーの代替品を選ぶ際は、目的に合わせて適切な重さと耐久性があるものを選びましょう。
– ゴムハンマーは家具組み立てだけでなく、幅広いDIYや車のメンテナンスにも役立ちます。

ゴムハンマーはさまざまな用途で役立つアイテムですが、頻繁に使わない場合は、手元にあるもので代用することもできます。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました