FMトランスミッターでの最適な周波数設定と雑音対策|車内で音楽を楽しむ

FMトランスミッターでの最適な周波数設定と雑音対策|車内で音楽を楽しむ 日常の困りごと解決

車でスマートフォンやiPhoneの音楽を聴く際、FMトランスミッターは便利なツールです。しかし、時々雑音が発生することもあります。

そこで、FMトランスミッターを使う際の適切な周波数の設定方法を紹介します。また、雑音を取り除く効果的な方法についても解説します。

わかれば簡単です。
1つ1つ設定してみてください。

特にBluetooth機能付きのFMトランスミッターを使用する場合の周波数の設定に重点を置きます。

現代のナビゲーションシステムやDVDプレーヤーには多くの場合Bluetoothが装備されていますが、車にBluetoothがない時は、FMトランスミッターが非常に便利です。

もし雑音が完全に解消できない場合には、新しいFMトランスミッターへの買い替えも考えられる解決策です。この選択にあたってのポイントやお勧めの製品についてもご紹介します。

FMトランスミッターでの最適な周波数設定と雑音対策|車内で音楽を楽しむ

では、FMトランスミッターで周波数を合わせてノイズを少なく快適に音楽を楽しむ方法をご紹介していきます。

車内でスマホの音楽を満喫:Bluetooth非搭載時のFMトランスミッター活用法

車内でスマホの音楽を満喫:Bluetooth非搭載時のFMトランスミッター活用法

車でiPhoneやスマートフォンからの音楽を楽しむために、Bluetoothがない場合でもFMラジオの周波数を使って音楽を聴く方法があります。

この方法では、FMトランスミッターを使用して車内で手軽に音楽を再生できます。

ただし、FMトランスミッターの周波数設定には注意が必要です。この記事では、その使い方を詳しくご紹介します。

FMトランスミッターの効果的な使用法

ノイズがないように周波数を設定しましょう。
ノイズが入りにくい方法を紹介します!

FMトランスミッターを使う基本は、車のシガレットライターソケットに差し込み、適切なFMラジオ周波数に設定することです。

次に、iPhoneや他のデバイスをBluetooth経由でFMトランスミッターに接続します。

周波数設定を間違えると、ノイズが入ったり他の音が混じったりして、音楽がクリアに聴こえなくなることがあります。特に、車のラジオで既に使われているFM周波数を設定するとノイズが生じやすくなります。

適切な周波数を見つけてノイズを避けるための方法について、次の部分でさらに詳しく説明します。

FMトランスミッターの効果的な周波数設定方法

FMトランスミッターの効果的な周波数設定方法

0.1MHzずつ調整すればいいだけです!

FMトランスミッターを使用する際の重要なポイントは、地域によって異なるFM放送の周波数を避けることです。通常、各地域のFM放送周波数は76MHzから90MHzの間で設定されています。

・地元のラジオ局が使っている周波数
・近くの車が使っている周波数

⇒他と周波数が近いとノイズが生じやすい
⇒周波数が遠いと音がクリアになる

適切な周波数を見つける方法として、90MHzから0.1MHzずつ下げていくか、または76MHzから0.1MHzずつ上げていく方法があります。放送されていない周波数で設定を固定します。

①90MHzから0.1MHzずつ下げていく。
②または76MHzから0.1MHzずつ上げていく。
⇒どちらでもOK!

例えば、83.9MHzにします。この周波数はほとんどの地域で使用されていないため、83.9MHzに設定します。

FMトランスミッターの周波数を設定する際のコツは、地元のFM放送が使用していない周波数を選ぶことです。

FMトランスミッターの周波数を設定する際のコツは、地元のFM放送が使用していない周波数を選ぶ

FMラジオの周波数が決まれば、FMトランスミッターの周波数もそれに合わせます。地域や日時にはよりますが、トランスミッターの周波数を、周波数の空きが多い83.9MHzに設定します。

設定完了後、スマートフォンやiPhoneのBluetooth機能を使ってFMトランスミッターとペアリングします。

これにより、車内でスマートフォンやiPhoneにある音楽アプリやYouTubeの音楽を再生できます。

FMトランスミッター選びのポイント

FMトランスミッター選びのポイント

FMトランスミッターは車内で音楽を楽しむのに便利なデバイスです。このデバイスは車のシガレットライターソケットに差し込んで使用し、Bluetooth機能によってiPhoneなどのデバイスを無線でつなげて音楽を楽しむことができます。また、このデバイスはコストパフォーマンスも良いです。

初めて使う際に周波数の設定を間違えるとノイズが発生することもありますが、FM放送のない周波数を使えば問題は解消されます。車内でiPhoneの音楽を快適に楽めます。

さらに、車内で音楽を聴きながらiPhoneを充電することも可能です。このデバイスは最大2台までのデバイスを同時に充電できますが、通常のUSB充電ケーブルが必要です。

また、FMトランスミッターにはマイクも付いているので、運転中でもハンズフリーでの通話が可能です。音楽を聴きながらiPhoneのマップアプリをナビとして使うこともできます。

このため、ノイズが完全に解消されない場合は、別のFMトランスミッターに買い替えることをおすすめします。

FMトランスミッター選びのポイント

FMトランスミッターを選ぶ時に重要なポイントは以下の条件を考慮することです。

  1. 一般的な車の12V電圧に合致すること
  2. 車のシガレットライターソケットに対応したタイプであること
  3. 周波数を調整できる機能がついていると便利
  4. Bluetooth機能が搭載されていること
  5. USB充電ポートが付いていること
  6. ハンズフリー通話が可能な機能があること

FMトランスミッターを新たに購入する際には、楽天市場のようなオンラインショップの売れ筋ランキングを参考にすると良い選択ができます。これにより、車内でスマートフォンの音楽を快適に楽しめます。

[まとめ]FMトランスミッターでの最適な周波数設定と雑音対策|車内で音楽を楽しむ

[まとめ]FMトランスミッターでの最適な周波数設定と雑音対策|車内で音楽を楽しむ

わかれば簡単なので、気軽にFMトランスミッターを利用して楽しみましょう!

カーナビがBluetoothに対応していない場合の車内でのiPhone音楽再生には、FMトランスミッターの利用がコストパフォーマンスも良くおすすめです。

山道や高速道路でもノイズが少なく、音楽の途切れもないので非常に便利です。iPhoneやスマートフォンに保存された音楽を聴く際には、FMトランスミッターの使用が最適で、周波数の調整も簡単で、ノイズの問題も簡単に解決できます。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました